メジロパーマー

2011年09月20日

落馬事故の思い出 キーストン、ライスシャワー、メジロパーマー、ポルトフィーノ…

1 名前:名無しさん@涙目です。(長野県)[] 投稿日:2011/09/19(月) 22:00:43.25 ID:cl2qYidu0● BE:3947595089-PLT(12002) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/foruda2.gif  
   富士見町境広原の富士見高原リゾート(福田敏明社長)は18日、伊東近代美術館跡地周辺のジョギングコースで「ふれあい乗馬体験会」を開いた。  
  「馬の町」である山梨県北杜市小淵沢町の観光資源を取り入れ、八ケ岳観光の誘客増につなげようと初めて実施。  
  ペンション滞在者や町民らが林間コースで乗用馬の散歩を楽しんだ。  
   同市小淵沢町の乗馬施設「カナディアンキャンプ八ケ岳」の協力で実現した。  
  小淵沢町には日本有数の競技場「山梨県立馬術競技場」があり、牧場や乗馬クラブも充実。年間を通じて全国の乗馬愛好者が訪れ、滞在しながら乗馬を楽しんでいる。芸能人の乗馬愛好者も多い。  
   県境で隣接する富士見町ではこれまで、小淵沢町との交流はほとんどなく、馬に関するイベントは全く行われてこなかった。  
  富士見高原リゾートは、両市町が加盟した八ケ岳観光圏の利点を生かし、共同で誘客を進めようと乗馬体験を企画。1周約400メートルの散歩コース、1周約800メートルのミニ遠乗りコースを設定した。  
   初回は、乗馬施設側が2頭を持ち込み、3人のインストラクターが馬を引いた。開始早々から観光客や地元町民が訪れ、皮製の鞍にまたがった。  
  乗馬初体験の30代女性は「最初は目線の高さに戸惑ったが、ゆらゆらと揺れながら歩く馬とのふれあいは楽しい」と話した。  
   インストラクターの鈴木聰さんは「小淵沢は馬の町と言われるほど乗馬が盛んだが、これまで富士見町との接点はなかった。  
  富士見高原の自然は馬もなじみやすい。これからは交流を深めたい」と話した。富士見高原リゾートは来年夏のイベントに乗馬を盛り込みたいとしている。  
   
  http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=22657  
 
  続きを読む

vipch at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加